2019年02月10日

ダエグ ハイスロ取り付け(*´∇`)ノ

最近忙しくて
なかなかダエグのネタが
進んでませんでしたねっ_(^^;)ゞ

さぁ!ダエグにハイスロを
取り付けますよっ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

とりあえずハイスロ取り付けの為に
タンクを外して、アクセルワイヤーを
確認します(・c_・`)

作業する場所を明るく照らします!


これが純正のアクセルワイヤーです!
ん···?
これって···?

もうこの時点でめちゃくちゃ不安(ToT)

···どうやって外すんだろうσ(^_^;)?


ワイヤーを押さえているボルトを外し
純正のアクセルワイヤーを外します♪

···って書くと簡単に思えますが、このワイヤー!
引っかけてある場所がめちゃめちゃ見えない
奥の下の方にあって、ワイヤー外すのも本当に
手探りの作業でした( >Д<;)


ワイヤーの先端が引っかけてあるのは
なんとこんなに奥まったこの場所です!

写真の真ん中の辺りの丸が2つ
並んで見えるのが引き側と押し側の
ワイヤーの引っかけ部分です!

この時の外した感覚をしっかり覚えて
おかないと、後でかなり苦労します(((^^;)


そしてこちら!
純正のスロットルボディーを
取り外します(^.^)


そしてアクティブの薄型スイッチを
ハンドルに取り付けます(^-^)/

この辺りの作業は本当に楽勝~♪


スイッチから出ているコネクターを
車両側に差し込みます(^.^)

ハザードの配線は使わないので
テープで巻き巻きしておきました!


そしてついにポッシュのハイスロの登場♪

取り回しはブレーキの上にして
ハイスロをアピール?


カスタムしてるぞぉ~♪

って雰囲気ですが、なかなかこの場所って
ブレーキマスターとかミラーがいて
かなり混みあった状況になりそう!Σ(×_×;)!


いろいろ考えて、結果このブレーキレバーを
挟む形での取り付けに決めました(*´∀`)ノ


なるべく無理のかからない位置を
考えながら車両にアクセルワイヤーを
通していきます(・c_・`)


そしてこのアクセルワイヤーを
ダエグのスロットルに引っかけます(^-^)/

どうやって···( -_・)?

見えないのに···( ;´・ω・`)


この左側に見えるワイヤーとその先端の
丸い玉を、スロットルに引っかけて···

ヤバいです!

本当に引っかけられません(*ToT)

もうこの作業に入って1時間が経過···

あの人の顔が頭に何度も浮かびます(*´-`)

1時間30分以上経過し、もう諦めようと
思っていた時、おっ!やりました♪

無事に何とかワイヤーを引っかける事が
出来ました(*^▽^)/★*☆♪


この頃になるとかなり精神的に
ぐったりでしたが、残る作業は
あと少しなんで頑張ります( `Д´)/

ハイスロの作動部分にグリスを
塗っておきます(^-^)/


そうでした!
私のダエグはグリップヒーターが
装置してあるので、これも新しい
スロットルに移植させます(^.^)

なかなかボンドでくっついてグリップが
外れなくて苦労しました( ノД`)…


グリップヒーターの配線を
スロットルの開け締め時に引っかからない
位置になる様にタイラップで固定(^.^)

あとはアクセルワイヤーの遊びを
だいたいはワイヤーの中央部分で行い
細かい調整はスロットの出口で
調整します( ´∀` )b



今回はとっても疲れました!

本当に何とかハイスロの取り付けが
終わりました!ガレージの中の写真だと
分かりませんが、作業を始めたのは
まだ明るいお昼過ぎ♪
作業が終わった頃、外は真っ暗···(^_^;)

結局いろいろあって作業時間の合計は
4時間を越えていたと思います(。-ω-)


しかし!
このハイスロを取り付けた
ダエグのビジュアル最高です♪

かなりかっこ良くなって大満足(*´∀`)ノ


試乗してみましたが、やはり始めは
かなりアクセル操作に違和感を感じますが
すぐに慣れて今までよりも少しの操作で
アクセルが開けられるので、今まで握り直し
ていた様な場面でもそのまま全開まで
行ける気がします( ノ^ω^)ノ

その分細かいアクセル操作は
今まで以上にシビアになったと思います!

いい事ばかりでもなく···
やっぱり他の方のレビューにも
ありましたが、ハイスロなすると
アクセル操作が多少重くなりました_(^^;)ゞ


ダエグにハイスロ!

取り付けが超、超大変ですが···
カスタム感が出て凄くカッコいいし
やっぱり買って良かったです(*^▽^)/★*☆♪



タグ :バイク


Posted by ミツバチ&魔亜夜  at 14:37 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。