2018年07月01日

アルミパーツのバフ掛け作業(^-^)/

とにかくやっぱりバフ仕上げ!

アルミパーツはピカピカの
バフ掛けされた鏡面仕上げが
最高に大好きです(*´∀`)ノ

今回は弐皇帝さんにお願いして
製作して頂いた、アルミステーの
バフ掛け作業をしましょう(*´▽`)v

とりあえずバフ掛けって···?
アルミの表面を細かいペーパーや
バフ(漢字だと羽布)を使って表面を
滑らかに仕上げて行き、最終的には表面に
景色が写り込むまで磨きこむ作業です(^.^)

これは弐皇帝さんに作って貰った
トップブリッジ(^.^)
これも頑張ってバフ掛けしました♪


このマフラーステーも磨いてあります(*^.^*)
とってもピカピカ♪
まるで鏡の様ですよねっ!


さて、今回のステーとはσ(^_^;)?
このプロトのラウンドラジエターの
取り付けステーです(^.^)


こちらは反対側です!
こっちの方がカッコいいです(*´-`)

そうなんです、取り付けの際に
こちら側はプロトの付属ステーが
使用出来なくて家にあったステーを
弐皇帝さんが加工して付けてくれました♪


そして今回そのステーの形状に合わせて
弐皇帝さんに反対側のステーを製作して
貰ったステーです( ノ^ω^)ノ
弐皇帝さん
いつもありがとうございます(^-^)/


バフ掛け作業のスタートです(^.^)
最初は耐水紙ヤスリから!
ガレージにはいつも紙ヤスリの
ストックが用意されてます(^_^)v
普通にカーマで売ってるヤツです!


バケツに水をたっぷり用意して
水をつけながら600番のペーパーから
作業を開始します( ´∀` )b


作業前より艶が無くなってます(((^^;)
600番はかなり粗いペーパーです!
アルミ加工時に付いてしまう
深い傷をこの段階で消します(^.^)
今回のステーも弐皇帝さんから
受け取る時に、曲げる時に傷が入ってる
から磨いて消して下さいねぇ~♪
って言われて受け取りました(´・ω・)


800番のペーパー作業後です!


前の番手のペーパーで付いた
削り傷を順番に番手を変えて消します(^.^)


1000番のペーパー作業後(^.^)


何が変わってるの···?
そんな感じですが確実に
アルミの表面は細かく綺麗に
なっているはずです_(^^;)ゞ


1500番の作業後···


何となく表面が綺麗になって
いる様な?いない様なσ(^_^;)?
地味に手は疲れるし汚れるし
決して楽しくは無い作業です(。-ω-)


耐水紙ヤスリでの
最後の磨き作業となります(*^.^*)
2000番のペーパー作業後です!


ここまで来るとちょっと
表面に景色が写り混んで来て
ワクワクした気持ちに(*^-^)


ここまでがかなり大変です(×_×;)!
何とか前の番手の傷を消しながら
焦らずに丁寧に···
途中で飽きてくるので
音楽でも聴きながら楽しくねっ( ノ^ω^)ノ


ここからは楽しい作業?
アルミ磨きの定番マザーズの登場(^-^)/


軽く磨く感じで
全体的にマザーズを塗ります!


そしてこのダブルアクションの
バフ掛けツールの出番です(^-^)/


お~♪やっぱこの作業楽しい(*´∀`)ノ
これが軽く1度バフ掛けツールで
磨いた後でクロスで乾拭きした状態です!


この段階で空と雲がパーツに
写り込んでます( ゚∀゚)


2度目のバフ掛け作業後です!


もうここまで来れば鏡面と
言ってもいいレベルですねっ( ☆∀☆)


いつもですがこのアルミの
鏡面状態にちょっと感激(*´-`)


まだ終わりではありません!
最終仕上げにこの
ホワイトダイヤモンドを使います(^_^)v


どうですか!この艶!
でもここまで来るとあまり
写真では違いが分かりにくいかなぁσ(^_^;)?


今回も本当にしっかりアルミを
バフ掛けで鏡面仕上げに出来ました♪


ピカピカです(*´-`)


もう最高の仕上がりですねっ♪


弐皇帝さんに作って貰ったスペシャルな
ラジエター取り付けステーが更に
スペシャルなバフ掛け仕様に
なりました(*^▽^)/★*☆♪

バフ掛けって超大変だけど
作業した分仕上がった時の感動は
本当に半端ないです♪

皆さんもバフ掛けやってみませんか?

普通の部品が自分の手で
鏡面になる感動を体験して下さい(^_^)v


また取り付けたら報告しますねっ(^-^)/

  
タグ :バイク


Posted by ミツバチ&魔亜夜  at 13:38Comments(2)